株式会社ゲイト

私たちについて

使命
ビジネスを通じて、自分自身や身近に関わる人々・地域の可能性を最大化させる

ビジネスは社会問題を解決し、人々を喜ばせ、積みあがったリソースをさらなる問題に再投資できる。世の中を感じのよいものにする最も強力な手段は「ビジネス」です。
Business is the most powerful weapon you can use to change the world.
代表よりご挨拶
代表 五月女圭一
急速に時代が変化を続ける中、企業は思想だけなく実体を伴った真のパラダイムシフトを強く求められています。

既存の考えに縛られず、目的的に構造すら変革を迫られます。まるで社会全体の浄化作用のようです。

近年の厳しい環境は結果として企業経営をコンパクトにすることを改めて教えてくれました。
どんなに楽観的な環境に変化したとしても、一度不要とされた商品やサービスが選択されることはありません。

ただ必要なだけでなく、顧客にとってなくてはならない存在であること。
企業は、適切なポジションに身を置き、企業自身スタッフ自身が進化発達しつづける必要があります。

固定概念を持たず、実態を変体させていく様は一風変わった会社に見えるかもしれません。
常に0ベースで考え、最適化を図るスタンスは、せわしないように見えるかもしれません。

積極的な破壊や、急激な変化を恐れずチャレンジする一方で、伝統や文化を限りなく尊重することや、情報や通信技術を駆使し、デジタルやAIなど最先端の経営環境をつくる割には、クラッシックな機械や設備を自分たちで直すことをよしともします。
その根底にあるヒトの組織(チーム)をつくろうという想いは、これからの時代を生き抜く方法の一つとして、そのヒトでしかできないことをトコトン追求していく姿勢にも現れます。

我々は、顧客や取引先、未来をつくる教育機関や戦略的連携企業などのアライアンスパートナー、スタッフそのものもステークホルダーをすべて資産と認識しています。

またステークホルダーは身近なヒトにとどまりません。
海や山、太陽など自然そのもの。自然から生まれる魚、動植物。そこから生まれる食文化や習慣。それらを生み出す歴史背景すらステークホルダーとみなしています。
ステークホルダーの発展的持続的な躍動を富の源泉にします。

一連の活動は、つまり日本の国力をあげるため。
一企業なりに社会の公器と自覚して貢献を模索します。

身近に関わる範囲は時間を経て、着実に広がっています。

これからも加速し続ける激動の時代をみなさまと一緒に楽しみます。
今後とも一層のご指導とご愛顧をよろしくお願いいたします。

代表取締役
五月女 圭一

ヴィジョン
グローバル化の中で日本のビジネスは競争力を失いつつあります。
小さくなる市場に身を置く企業やヒトは厳しい競争にさらされることになります。
  
中小企業こそ、ダイナミックに展開し、今を生き、ビジネスに真剣に取り組み、勝ち残る意思を見せること。
弊社グループはビジネスになくてはならないものに取り組み、「ヒト」「テクノロジー」「ビジネス構造」の3本に特化します。
その思想はビジネスを通じて自分自身や身近に関わる人々・地域の可能性を最大化させる戦略的シナジーネットワークをつくることに至りました。
10年後20年後も環境に適応しつつ、自立自走した組織が進化し、共創していく構造を創ってまいります。
  

基本的価値観
私たちは、スタッフが共有する基本的価値観として10のコアバリューを掲げ、個人のレベルアップ、チームづくり、パートナーづくりに取り組んでいます。
Public Institution
企業は社会の公器を実現します。
Public Relations
社会を理解することで企業は強くなり、貢献からぶれなくなります。
Creating Shared Value
ビジネスこそ、問題解決によりリソースを生み出し、その解決策をさらに展開できる。
Marketing
顧客が感じることを感じ、顧客が考えることを考えます。
Communication
相互に理解しあうことがお互いの価値向上のはじまりです。
Innovation
常に革新をおこなう。変わるのは私達です。
SpeedyAction
行動が現実を変えます。じっとしていても世界は変わりません。
ServiceMind
自分自身のできることを惜しげなく出し切ります。
Ownership&Partnership
自立した主体性と友好的な協力関係がプロジェクトを推進させます。
Frugality
倹約は工夫や創造を生み、顧客に重要ではない事には投資しない姿勢を創ります。
COPYRIGHT(C)2012 Gate Inc. All Rights Reserved.