株式会社ゲイト

私たちについて

使命
ビジネスを通じて自分自身や身近に関わる人々の可能性を最大化させる。

"Business is the most powerful weapon you can use to change the world" - Tome san
弊社についてご説明致します
18歳から事業をしていた代表は24歳の時に父親の不動産賃貸事業を立て直しに取り組んでおり、身近な存在をなんとかしようという想いからの会社設立となりました。ゲイト設立当初は不動産管理会社としてのスタートでした。
その後コンサルティング会社勤務と兼業する中、代表が病に倒れます。
幾多の病院でも回復の見込みを見出せず途方に暮れた日々。
一年半ほど経ちあきらめかけていた状況をブレイクしてくれたのは、立派な病院でも、偉い先生でも、高価な薬でもなく、「一緒に治しましょう」といってくれた一人の見習い先生でした。
彼女の言葉は何よりも心強く、はいつくばりながらもリハビリをし、その2年後には治療を卒業することができました。

医療現場への不満を痛烈に感じ、同じような人がいるはずだ、自分にもきっと何かできることがあるはずだ、その想いを胸に一軒の治療院が始まりました。
その治療院が数を増やし、現在のZABOU西麻布を旗艦とするビジネスパーソン向けのカラダメンテナンスサービスへと変化していきました。

また自社での店舗運営は本社の機能を高めることになります。
Webサイトの必要性からつくった自社の部門は、やがて業務を簡略化するICTツールを生み出し、業務の生産性を上げ続け、現在アライアンスパートナーとともに取り組んでいるICT、IoT、ロボティクスなどの応用研究の礎となっています。

さらに一緒に仕事をしたいという想いをぶつけてくださる方々の存在は、参入障壁が低く、乱戦状態になっている居酒屋業界への参入をも決意させます。
仲間と楽しくお酒を飲むいつも笑いが絶えないお店は多店舗化が進み、独自仕入れ、独自業態など環境に左右されづらい独立運営化、マーケット拡大に合わせた業態多様化、100店舗を意識した目標設定をするに至ってます。

つねに満足しない姿勢は既存のストアビジネスの構造改革にも着手しております。
顧客の水際で事業をさせていただくことで、個人やチームを進化させ時代の変化に適応することを教わります。
業種は顧客とのコミュニケーションの手段でしかありません。
利益は会社としての通信簿でしかなく、顧客のバリュー還元のための再投資にむけられます。

どんな環境下であれ、テーマがあれば何でもできる、そんなチームをつくり続けます。
身近に関わる範囲は、時を経て、確実に広がっています。

今期はのべ30万人を超えるお客様と接することになります。
その度毎に成長の機会を与えられることに感謝し、邁進いたします。
  
社名の由来
Gateは門、入口に由来します。
事業活動をきっかけにまだ見ぬ向こう側を見ようという想いが込められています。
またチャレンジャーを受け入れる道場の入口としてなど、関わる方々が意味合いを創造してくれています。
代表よりご挨拶
代表 五月女圭一
急速に時代が変化を続ける中、企業は思想だけなく実体を伴った真のパラダイムシフトを強く求められています。

既存の考えに縛られず、目的的に構造すら変革を迫られます。
まるで社会全体を必要なもの必要ないものに仕分けているようです。

近年の厳しい環境は結果として企業経営をコンパクトにすることを改めて教えてくれました。
どんなに楽観的な環境に変化したとしても、一度不要とされた商品やサービスが選択されることはありません。

ただ必要なだけでなく、顧客にとってなくてはならない存在であること。
企業は、適切なポジションに身を置き、自身が進化発達しつづける必要があります。

固定概念を持たず、実態を変体させていく様は一風変わった会社に見えるかもしれません。
常に0ベースで考え、常に最適化を図るスタンスは、せわしないように見えるかもしれません。

積極的な破壊や、急激な変化を恐れず、チャレンジすることで理想のバリューエコサイクルチェーンをつくろうとしつつ、一方で、伝統や文化を限りなく尊重する。
情報や通信技術を駆使し、ハイテクやAIなど最先端の経営環境をつくる割には、オーソドックスな家族経営を重視する。

その根底にはヒトに着目し、ヒトの組織(チーム)をつくろうという想いが入ってます。
これからの時代を生き抜く方法の一つとしてヒトでしかできないことをトコトン追求していきます。

我々の資産は顧客と取引先パートナー、スタッフ、そして自分自身。つまり全部ヒトです。
明確にヒトというテーマを打ち出し、企業、グループが自然と躍動する構造へ発達させていきます。

激動の時代をスタッフ一同、お客様と一緒に楽しんでまいりたいと思います。
今後とも一層のご指導とご愛顧をよろしくお願いいたします。

代表取締役
五月女 圭一

著書
法政大学学術機関リポジトリ - 「アルバイトからインターンへ」の内的分析 (PDF)
ヴィジョン
グローバル化の中で日本のビジネスは競争力を失いつつあります。
小さくなる市場に身を置く企業やヒトは厳しい競争にさらされることになります。

ダイナミックな展開がしづらい中小企業こそ、今を生き、ビジネスに真剣に取り組み、勝ち残る意思を見せること。
弊社グループはビジネスになくてはならないものに取り組み、「ヒト」「ICT」「ビジネス構造」の3本に特化します。
その思想はビジネスを通じて自分自身や身近に関わる人々の可能性を最大化させる戦略的シナジーネットワークをつくることに至りました。
10年後20年後も環境に適応しつつ、自立自走した組織が進化し、増殖し、共創していく構造を創ってまいります。

当面のゴールは2020年に100万人の顧客創出です。
その過程で強い個が躍動し、結集した組織になり、時流に左右されずらく、元気な日本になくてはならない機能の一つへ進化していきます。
そして、その思想のステージは日本にとどまりません。
基本的価値観
私たちは、スタッフが共有する基本的価値観として9つのコアバリューを掲げ、個人のレベルアップ、チームづくり、パートナーづくりに取り組んでいます。
Public Institution
企業は社会の公器を実現します。
Public Relations
社会を理解することで企業は強くなり、貢献からぶれなくなります。
Marketing
顧客が感じることを感じ、顧客が考えることを考えます。
Communication
相互に理解しあうことがお互いの価値向上のはじまりです。
Innovation
常に革新をおこなう。変わるのは私達です。
SpeedyAction
行動が現実を変えます。じっとしていても世界は変わりません。
ServiceMind
自分自身のできることを惜しげなく出し切ります。
Ownership&Partnership
自立した主体性と友好的な協力関係がプロジェクトを推進させます。
Frugality
倹約は工夫や創造を生み、顧客に重要ではない事には投資しない姿勢を創ります。
組織のつくり方の特徴
COPYRIGHT(C)2012 Gate Inc. All Rights Reserved.